南海放送のロゴマーク

晴れ

9/1 10%

愛媛の情報&番組をカテゴライズ

Voice

成長の舞台は、ここにあり! ~仕事・育児を通じて、より良い自分に~

月岡 瞳さんの写真
メディアセンター(ラジオ業務担当)
Tsukioka Hitomi
月岡 瞳
2007年4月入社
法文学部人文学科

愛媛県松山市出身。営業部、イベント推進部、ラジオ番組ディレクター、アナウンサーを経て、現在はメディアセンターでラジオに関する業務を担当。1児の母でもあり、仕事・育児に奮闘中!

色々な部署を経験されているんですね!

入社時は営業部に所属。入社4年目で念願のラジオ番組ディレクター兼アナウンサーに

元々アナウンサー志望で就職活動をしていましたが、残念ながらアナウンサー採用が無いと知り、一般職志望に変更して採用試験を受けました。入社時は営業部に所属していましたが、入社後もアナウンサーへの憧れを抱いていて、自分が担当したイベント等ではMCを担当させてもらっていました。異動希望調査でアナウンサーへの思いを綴ったところ、入社4年目でラジオ番組ディレクター兼アナウンサーとして異動することができました。その後、育休・産休を経て、現在はラジオCMやラジオパブ番組などに関する業務を担当しています。
異動は大変なのではないかと思いますが?

異動すると仕事内容が変わるのでとても大変。でも、いろんな部署を経験し実感したからこそ成長できました

同じ会社とは言え、部署が変わるとまるで転職したかのように仕事内容が変わるので、とても大変です。ただ、異動することで関わる人が増え、いろんなことを経験できるので、スキルアップはできると思います。営業部でお金を稼ぐことの大変さ、華やかなイベントの舞台裏で支えてくれている人の大変さ、そして、アナウンサーとして自分の言葉で伝えることの難しさ、ラジオCMを1本放送するのにかかる労力など、いろんな部署を経験し、実感したからこそ成長できたと思っています。
働くママから見ての南海放送は?

働くママが増えていて、みんなでフォローする体制が整っています

すごく働きやすいです。時代の流れとともに働くママが増えてきているので、みんなでフォローするという体制が整っていると思います。子どもが急に熱を出して病院へ連れて行かないといけない場合は、出勤時間を変更してもらえたり、早退させてもらったり。ただ、無理を言った分は別のところで頑張って、自分だけが主張し過ぎないようには気を付けています。何事も「お互い様」の精神が大切かなと思っています。
生まれも育ちも松山ですが、松山ってどんなところだと思いますか?

人は暖かく、自然も豊かで、食べ物も美味しい。子育てにも最高の街です

魅力いっぱいなところだと思います。人は暖かいし、魚はもちろん、お米にお肉、野菜など食べ物がとにかく美味しい!大きな遊園地はないけど、海に山に川、自然が豊かで、公園や遊ぶところもたくさんあるので子育てもしやすい。「住めば都」と言うけれど、愛媛は最高の「都」だと思います。

就活生へのメッセージ

就職活動を始める前に、自分自身をよく知りましょう。自分の興味や強み、将来のビジョンを考えることが重要だと思います。将来の目標を明確にし、その目標に向かって進むために必要なスキルや知識を把握しましょう。南海放送は、自分が成長し続けられる会社です。私のようにいろんな部署を経験することで成長する方もいれば、1つの部署で知識・技術を極めて、その道のスペシャリストになる方もいます。自分の成長を大切にして、会社や社会、地域に貢献できることが魅力です。就職前にスキルアップのことまで考えることは難しいかもしれませんが、将来の目標を意識して就職活動に挑戦してください。

募集要項はこちら

マイナビ2025 マイナビ転職