大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

番組審議会とは、南海放送が放送する番組の向上改善と適正を図るため、
放送番組等の審議を行うことを目的として設置された審議機関です。


番組審議会選定 平成30年優良番組はこちら

【第668回 番組審議会】

テレビ番組

民間放送教育協会 日本のチカラ「ブラック商店街~アブナイ商店街ではありません~」

ラジオ番組

「坂の上のラジオ」

12月の番組審議会が、12月17日(火)午後3時から本社の役員会議室で7名の委員全員が出席して開かれました。

テレビ、ラジオ、それぞれの合評番組の審議を行い、テレビ番組では南海放送が制作した民間放送教育協会 日本のチカラ「ブラック商店街~アブナイ商店街ではありません~」について、委員から次のような意見が出されました。

《テレビ番組》
民間放送教育協会 日本のチカラ「ブラック商店街~アブナイ商店街ではありません~」
放送日時:2019年11月18日(月)10:25~10:55(南海放送 制作)


[番組概略]
「ブラック商店街」という言葉だけを聞くと、嫌な印象。なんでそんなことをするのか。と否定的な意見が大多数を占めました。自分たちの大切な商店街に悪いイメージを付けてしまうかもしれない。でもこのままでは商店街自体が無くなってしまう…。番組では面白可笑しく取り上げて、賑やかに仕上げていますが、商店街の方たちは身を切る思いでこのプロジェクトを立ち上げました。全国各地に八幡浜新町商店街と同じように苦しい現状に立ち向かう商店街は多数あると思います。この番組を通じて、全国の商店街が活気を取り戻すきっかけになれば幸いです。

ブラックに悪いイメージがあると書いておきながら、学生さんやちびっこ、外国人は“黒”にクールやかっこいい、おしゃれという良い印象を持つ人が多かったので、いずれは“おしゃれなブラック商店街”と言われる日がくるのかもしれません。

日本のチカラは、民協教加盟の各局が、全国各地の「魅力あふれる産業」を通して、地域の歴史や文化・人々の英知や営みを学び、日本の技術力・地方創生への道を描き出す、教育ドキュメンタリー番組です。


[各委員の意見]
○商店街自体が実際に活気を取り戻したかといえば、そこまでには至っていないということで、やや中途半端な感じになっています。

○これからどうなるのか気になるところですが、頑張ってほしいと応援したい気持ちです。

○問題がとても深刻であるのと同じように、実は商店街の人たちはとても真剣に取り組んでいることが画面から伝わってきました。

○店主たちの熱い思いとは裏腹に、周囲はそれほど盛り上がっておらず、冷静に見ているようでした。何事も結果が出るまではそうなのでしょうが、それでも頑張っている姿は私には頼もしく感じました。

○地元の方々にとって今回の番組は、きついなと感じた人もいらっしゃったのではないか。良い悪いの話ではなく、まさに“今”をそのまま見せてもらった、何の細工もないドキュメンタリーを見たというのが個人的な感想です。

○「日本のチカラ」として全国放送で見てもらうには、もう少しインパクトのある内容にしてほしかったですが、現実はそれほどに厳しいのかとも受け取りました。

○町の活性化はどこでもやっていることですが、非常に難しいテーマです。新町商店街の場合は、「黒」をテーマにひとつの魅力づくりをしたのだろうと思いますが、ちょっと方向性が違うのではと私は感じました。

また、ラジオ番組では、南海放送が制作した「坂の上のラジオ」について、次のような意見が出されました。

《ラジオ番組》
「坂の上のラジオ」
放送日時:毎週日曜日10:00~11:00 11月24日(日)放送分 ゲスト近藤誠二さん(南海放送 制作)


[番組概略]
日曜のブランチタイム。お気に入りの音楽と一緒に、いま気になる旬の話題や、愛媛の古きよき時代の先人たちの知られざるエピソードなどに耳を傾ける…。そんな時間を楽しんで頂こうと生まれた番組です。コーヒーを片手に、ゆったりとした癒しの時を過ごしませんか?

《「読むラジオ」にも挑戦!!》
坂の上を訪ねてきてくれるゲストとのトークを“文字起こし” !南海放送ラジオ初の「読むラジオ」展開にも挑戦します。
https://blog.rnb.co.jp/sakanoue/


[各委員の意見]
○おそらく事前の打ち合わせで、話題の順番をメモしておいて、それを共有しながら進めているのではないかと思いましたし、ひょっとしたらリハーサルもないかもしれないと感じました。

○「坂の上のラジオ」として、何の情報を、どんな感情を配信するのかについて、もっと磨いた方が良いと思います。

○番組の出だしの水の音や鳥のさえずりが新鮮で、語りかけるような話し方、言葉の選び方もリスナーを誘うようで、とても良い感じにできていたと思います。

○長くて飽きたり嫌になることもなく、タッチは軽いけど話の内容にしっかり入っていけたように感じました。

○これから表現活動をしたいと思っている人にとっては力になったかもしれないし、聴く人によって聴き方は全く違ってくるなと思いました。

○聴き手の佐伯さんの問いかけがうまいし、近藤さんのお話も聴きやすくわかりやすいものでしたので、たいへん心地良い番組になっていたと思います。

○コーヒーなど飲みながら休日のプランを考えるという、ゆったり感のある番組はやはりあってほしい。その意味では一石を投じている番組だと思いました。


以   上
(番組審議会事務局)

稲葉隆一(委員長)

大一ガス(株) 代表取締役社長

柳田幸男(副委員長)

(株)愛媛新聞社 専務取締役

森本しげみ

NPO法人シアターネットワーク えひめ 代表理事

村田毅之

松山大学 法学部教授

山田ひろみ

陶芸家

徳田明仁

愛媛大学 ミュージアム准教授兼広報室副室長

近藤路子

(株)フードスタイル 代表取締役

* 南海放送番組基準 *

ページトップへ