南海放送のロゴマーク

晴れ時々くもり

28/17 20%

愛媛の情報&番組をカテゴライズ

Press

プレスリリース

~女性活躍支援と健康経営促進に向けて~特別有給休暇「エフ休」の新設

南海放送株式会社(代表取締役社長 大西 康司)とRNBコーポレーション株式会社(代表取締役社長 谷川 彰子)は、働く女性の活躍サポートに向けて、女性限定の休暇「エフ休」を新設すると共に、女性専門の相談・サポート制度「エフサポメンター」を本年5月1日付で設けることとしました。

これまで導入した健康サポート制度に加えて今回新設する「エフ休」「エフサポメンター制度」を総称して「エフナンサポートパッケージ」と銘打ち、社内認知度を向上し、活用を促進させていきます。

1.エフ休
妊活のための通院や説明会への出席、妊婦検診、不妊治療に係る通院・療養や月経前症候群(PMS)、更年期障害など女性特有の体調不良の際に取得可能な特別有給休暇および無給休暇。取得時は通常の有給休暇として申請することで、周囲に分からないよう配慮し、休暇取得へのためらいを軽減します。

〇単年度における「エフ休」取得可能日数
 特別有給休暇 12日:半日単位での取得も可能
 無給休暇 28日:不妊治療(体外受精及び顕微授精に係る通院、療養等)

2.エフサポメンター
会社から委嘱された女性従業員2名がエフサポメンターとして女性の健康相談や所属長との連携サポート、病院・保育園の紹介、外部専門機関との連携など専門相談・サポート窓口の対応に当たる。また、エフサポメンターの活動は、守秘義務を負うものとし、情報の秘匿に最大限配慮する。

3.エフナンサポートパッケージ
社員の「健康」と「子育て」をサポートする各種制度の総称。

①エフ休:女性特有の体調不良や妊活に使える休暇
②エフサポメンター制度:女性の健康相談や育児相談に対応するサポート窓口
③育児・介護休業取得応援手当:産休・育休、介護休業を取得した社員の同僚に手当を支給
④特別傷病・介護休暇:有休を使い切った際に過去3年間の消えた有休を最大60日復活
⑤健康診断費用補助:会社が婦人科部分(乳がん・子宮がん)含めて健診費用を全額負担
⑥脳ドック補助:48歳、55歳時に脳ドック費用2万円を補助
⑦産休を産前8週に延長付与:法定の産前6週間に加え、2週間を特別有給休暇として延長付与
⑧育休期間の延長:育休を子供が3歳を迎えた翌年度の4月末まで認める
⑨育児・介護休暇、育児時短:育児や介護を理由とした休暇や時短勤務を認める
⑩病児保育利用費補助:病児保育の費用を一部会社が負担