通常より前倒し対応 次期衆院選に備え投票用紙発送【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.09.13 11:22

次期衆議院議員選挙に備え、県選挙管理委員会が県内の市や町に、投票用紙を発送した。

県庁では、県選挙管理委員会の職員およそ20人が衆議院議員選挙の投票用紙などが入った段ボールをトラック4台に積み込んだ。

次期衆院選のために用意された投票用紙は小選挙区と比例区合わせて251万7400枚で、このうち点字用が1万5000枚、船員不在者用が4400枚。

投票用紙は通常、選挙の日程が決まってから発送されるが、今回は各市・町の準備作業に投票所や開票所の新型コロナ対策が加わり、業務量が増えていることなどから前倒しで発送したという。

前回4年前の衆院選の投票率は県内で50.74%となっていて、県選管では、コロナにより街頭での啓発が難しいことから期日前投票をSNSを通じて呼びかけるなどして投票率のアップにつなげたいとしている。