新型コロナ2155人感染1人死亡 病床使用率50%超【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.06 15:06

愛媛県は、県内で新たに2155人が新型コロナに感染し1人が死亡したと発表しました。病床使用率は、2日連続で50%を超えました。

2155人は、今月2日に発表された過去最多の2232人に迫る感染確認です。先週の同じ曜日と比べると600人以上増加しています。また、コロナの重症例ではない70代の患者1人が死亡しました。

年代では、70代までの年代で100人を超えていて10歳未満、10代、40代が300人以上となっています。
居住地は、松山市と鬼北町で過去最多を更新しています

医療機関への入院患者はきのうより16人増えた213人です。
重症者は、1人増えて3人です。病床使用率は、55.9%で2日連続で50%を超えました。

県は「医療機関では、休日や夜間に受診しにくい状況が発生しているため、微熱や軽い咳などの場合は、平日、日中の受診を協力してほしい」と呼びかけています。