祝ノーベル賞受賞 真鍋さんに後輩たちがお祝いの書【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.10.11 13:57

後輩たちが、大先輩を書道パフォーマンスで祝福。真鍋淑郎さんのノーベル物理学賞受賞を受け、母校・三島高校の書道部がお祝いの書をしたためた。

この夏開かれた書道パフォーマンス甲子園で、3位入賞を果たした三島高校書道部。卒業生である真鍋さんのノーベル物理学賞受賞を受け9日、学校の校庭で縦4メートル、横6メートルの紙に、お祝いの思いを表現した。

まず、用紙に直接手を使って鮮やかな黄緑色で勢いよく描かれたのは真鍋さんの故郷、新宮の山。そして伝統の衣装に身を包んだ1年生から3年生、10人が一文字一文字、丁寧に書をしたためていった。
真鍋さんの功績に敬意を込め「果てなき科学の基礎を築く」との言葉も記された。

ある部員は「自分たちのお祝いの気持ちを一つの用紙に込めて描いたので喜んでいただけたら嬉しい」などと話していた。

この作品は四国中央市役所の市民交流棟に展示されている。