初陣の夏の甲子園で活躍を! 帝京第五に県から応援旗【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.07.29 15:04

夏の甲子園の初出場を決めた帝京第五高校野球部に、県から応援旗が贈られました。

県庁で行われた贈呈式では、八矢副知事から帝京第五高校の松満幹生校長にスクールカラーと同じ紫紺の応援旗が贈られました。

帝京第五は、今月25日に行われた決勝で新田高校を破り、1963年の野球部創設以来初めてとなる夏の甲子園への出場を決めました。
住吉栄祐主将は「素晴らしい応援旗を頂いたので、甲子園で1つでも多くの白星をあげて帰ってきたい」と甲子園への決意を語っていました。
また小林昭則監督は「持ち味である守備力、投手陣を含めた守備力で、あとはここぞという時に1本ヒットを打って点を取る、とにかく粘り強く思い切りいきたいと思います」と話していました。

帝京第五ナインは来月2日、甲子園に向けて出発し、3日の組み合わせ抽選会で初戦の相手が決まります。