新たに650人がコロナ感染 1人死亡【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.01 15:10

県は新たに650人の新型コロナ感染を確認したと発表しました。高齢の患者1人が亡くなっています。

感染者が1000人を下回ったのは7日ぶりですが、休診の医療機関が多い日曜日の検査だったためと見られ、先週の同じ曜日に比べ、146人多くなっています。

90歳以上で施設で療養中だった患者1人が亡くなっています。コロナの重症例ではなかったということです。

居住地は、松山市が303人、今治市72人、宇和島市43人、四国中央市41人、西条市35人、新居浜市29人、伊予市24人、松前町18人、大洲市17人、砥部町14人、東温市12人、西予市11人など。

年代は、10歳未満100人、10代90人、20代71人、30代96人、40代88人などとなっています。

医療機関への入院患者は、きのうより19人増えた176人で、コロナ病床の使用率は46.68%に上昇しています。重症は3人です。自宅療養が544人減って、1万2080人となっています。

医療福祉関係の新たなクラスターが、松山市の高齢者施設で3件、今治市の両機関で1件、新居浜市の医療機関で1件、あわせて5件確認されています。

県は引き続き、感染回避行動を徹底するよう呼びかけています。