客室で電車を満喫の部屋も 松山市駅前に新ホテル【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.24 14:54

松山市駅前に伊予鉄グループなどが手掛けたホテルが誕生し、来月1日のオープンを前に記念式典が行われた。

再開発計画が進む松山市駅前にオープンするホテルは「レフ松山市駅byベッセルホテルズ」。

24日はオープンを前に、中村知事や伊予鉄グループの清水一郎社長らがテープカットをして完成を祝った。

「THESTATION」がコンセプトのこのホテル、最上階のプレミアムルームからは、松山城や花園町を行き交う市内電車などが一望できる。

そして客室で電車が満喫できる部屋「伊予鉄ルーム」が設けられている。運転席や座席などは、去年までおよそ60年間現役で活躍していた市内電車の部品を再利用して作られている。運転席目線で撮影した市内電車の動画を流しながら運転手気分も味わえる。

鉄道マニアの中村知事は「一日この空間に身を置けるのは、鉄道マニアにとっては至福の時。」と話していた。

また、ホテル内には大浴場や貸し切りで楽しめる家族風呂も完備。客室など館内には砥部焼や伊予絣の作品が飾られ、愛媛の伝統工芸を身近に感じることができる。

「レフ松山市駅byベッセルホテルズ」は来月1日オープン。