新たに24人感染 20人超3か月半ぶり 松山市13人【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.01.07 17:04

愛媛県は、6日の検査で新たに24人の新型コロナ感染を確認したと発表した。1日の感染者が20人を超えるのは、去年9月23日発表の22人以来、およそ3か月半ぶり。

感染が確認された24人の内わけは、既存事例関連が2人、新規事例が22人。居住地は松山市が13人と半数以上を占め、今治市、宇和島市がそれぞれ3人などとなっている。

年代別では20代が16人と最も多く、若い世代の感染が多くなっている。

愛媛県では4日以降の4日間であわせて39人の感染が発表された。全国的にオミクロン株の感染が急増する中、新たに6人のオミクロン株感染が確認された。県内のオミクロン株感染はこれで7人となった。

県は基本的な感染回避行動の徹底などを改めて呼びかけている。