大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS
番組審議会とは、南海放送が放送する番組の向上改善と適正を図るため、
放送番組等の審議を行うことを目的として設置された審議機関です。

番組審議会選定 平成28年優良番組はこちら

【第640回 番組審議会】

テレビ番組
「サタデリ!」

ラジオ番組
「ラジオドラマ&シンポ【盲天外's eye ―日本一になった盲目村長―】」

5月の番組審議会が、5月24日(水)午後3時から本社の役員会議室で7名の委員が出席して開かれました。

テレビ、ラジオ、それぞれの合評番組の審議を行い、テレビ番組では南海放送が制作した「サタデリ!」について、委員から次のような意見が出されました。

《テレビ番組》
『サタデリ!』
放送日時:平成29年4月29日(土)第1部11:35~11:45、第2部11:55~12:55(南海放送 制作)
[番組概略]

この春の番組改編における、注目番組のひとつです。
これまで、金曜夕方に放送していました「おかデリ」が、装いも新たに、土曜の昼に放送時間を移し、番組名も「サタデリ!」に変えて、生放送で「愛媛の最旬情報」をお届けします。

社内外から新メンバーも加わり、パワーアップして様々な分野の情報で構成します。

特集コーナーでは、今、愛媛で最も新しいトレンドをご紹介。また、気になる県内ニュースや映画・音楽ランキング、さらには、この秋に迫った、えひめ国体の応援番組「YELL」、健康情報として元マンダリンパイレーツ主将・近藤幸志郎さんの簡単ストレッチ、子育てに関するコーナーなど、内容盛りだくさんの生情報番組となっています。

土曜正午を挟んで、この時間帯の視聴者ニーズを掘り起こします。


○深く突っ込むような話題ばかりでもないし、どこから見始めても、どこで見終わってもかまわない。

○こういった情報番組について私はいつも、発信したいことより、視聴者がどんな情報を望んでいるかが原点だと思っています。情報を流しますが、それが視聴者に響いているかが最も大事です。

○今回の番組は、とても真面目な印象を受けました。どう差別化を図っていくか、非常に大変だろうなと思いますが、そうした状況下で真摯に番組作りに取り組んでいると感じました。

○いろいろな情報が盛りだくさんなので、“ながら視聴”でちょうど良い番組にこれから仕上がっていくのではないかと思います。

また、ラジオ番組では、南海放送制作の「ラジオドラマ&シンポ【盲天外's eye ―日本一になった盲目村長―】」の合評が行われ、次のような意見が出されました。

《ラジオ番組》
『ラジオドラマ&シンポ【盲天外's eye ―日本一になった盲目村長―】』
放送日時:平成29年4月16日(日) 12:00~14:00(南海放送 制作)
[番組概略]

世界で初めて盲人の村長になった人が松山にいたー。
知られざる偉人・森盲天外の一生をラジオドラマ&シンポジウムで振り返ります。

人も時代もイケイケだった明治初期。順風だった人生が急転し3度も自殺を図るなど絶望の淵にいた男がなぜ村長になり、なぜ日本一にまでなることができたのでしょう。番組では盲天外の波乱の人生を劇団員や南海放送アナウンサー、そして中村知事ら多彩な演者でお送りするラジオドラマ。盲天外と子規や漱石との友情、南海放送ラジオ誕生との意外な関係など、虚実織り交ぜてお送りします。

脚本はラジオドラマ初挑戦の江刺伯洋アナウンサーが担当しました。2部では地元・余土の関係者をスタジオに呼んでのシンポジウムを開催。 誰も思いつかなかった発想と誰にも負けない行動力で村に革命を起こした盲天外。常人よりもよほど広い視野を持っていた信念の男の物語をお届けします。


○まず、ドラマの前にゲストを交えて盲天外に関する基礎知識をリスナーに伝えていましたが、これは正解だったのではないでしょうか。

○今回のラジオドラマを通して、たゆまぬ努力で社会を変革していった盲天外さんの人生の一端を知ることができました。

○ラジオは視覚障害のある方にとっては、また別の意味があるので、今回の番組を聴いて、視覚障害者が出演される番組があってもいいなと思いました。

○森盲天外のような人がいたからこそ、そして今回のようなドラマを作ったからこそ、盲学校の生徒さんたちに勇気と元気のプレゼントができたのだと思います。


以   上
(番組審議会事務局)
淺井直子(委員長)主婦・詩人
樋口康一(副委員長)愛媛大学法文学部教授
浅野幸江ギャラリーしろかわ元館長
森本しげみNPO法人ほっとねっと管理者
稲葉隆一大一ガス(株)代表取締役社長
柳田幸男(株)愛媛新聞社専務取締役
村田毅之松山大学法学部教授
 
* 南海放送番組基準 *

ページトップへ