大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

平成30年度「第52回南海放送賞」公募について

「第52回南海放送賞」の公募は締め切りました。

 南海放送賞は、福祉活動や社会貢献活動における業績が特に著しい個人および団体、それに身体障害を克服して自立につとめ、社会活動へ積極的に参加している人などを顕彰し、社会福祉の向上・発展に役立たせていただくことを目的としています。南海放送の主旨を知っていただくため、地域で地道に福祉活動や社会貢献活動などに携わっている個人・団体について、下記の要領で公募いたします。

募集対象者 南海放送賞の主旨に沿った活動を実践している個人または団体
応募方法 「第52回南海放送賞」の公募は締め切りました。
選  考 応募者、団体について書類選考し、調査や取材を行います。また活動をラジオ・テレビの放送で紹介させていただく場合があります。その中から、南海放送社会貢献委員会で受賞候補者を決め、南海放送賞選考会で受賞者を決定します。
贈呈金額 個人・団体ともに30万円を上限とします。
募集期間 平成30年7月~平成30年9月末
贈 賞 式 平成31年2月中(予定)
お問い合わせ先 南海放送 総合企画局 社会貢献委員会事務局
TEL:089-915-3810(平日9:30~17:30)

第51回南海放送賞 受賞者

津賀つが かおる さん タンデム自転車NONちゃん倶楽部 代表  松山市 66歳

 夫の徳行(のりゆき)さんが視覚を失ったことがきっかけでボランティアの道へ進みました。平成22年に愛媛県でタンデム自転車の公道走行が認められたことから、「タンデム自転車NONちゃん倶楽部」を設立しました。タンデム自転車とは、ペダルやサドルを人数分備えた複数乗りの自転車です。ハンドルを握る「パイロット」を健常者が務め、目などが不自由な方でも後部座席でペダルをこぎ、風を切って走る魅力を味わえます。

 津賀さんは、沢山のボランティアの方の支援も受けながら、視覚などに障がいがある人と健常者とが一緒にタンデム自転車に乗ってサイクリングを楽しむ活動を続けています。活動に使う自転車は寄付により賄っており、タンデム自転車の楽しみを全国に広めようと精力的に活動しています。

中道なかみち 穂香ほのか さん 障がい者スイマー 愛南町 17歳

 愛媛県立南宇和高等学校の2年生。先天性右下肢欠損で、生まれつき右足がありません。母親から「水中で体を動かせる」との勧めで、小学2年生から水泳を始めました。明るく積極的、誰とでも仲良くできる社交的な性格で、「自分が泳ぐ姿で人々に元気を分けられたら嬉しい」との思いで水泳に取り組んでいます。

 第49回南海放送賞を受賞した愛媛県立新居浜東高等学校2年生の岡部歩乃佳(おかべほのか)さんとは、年齢も得意種目も同じ「運命的」な友人同士。「ダブル ほのか」として注目を集めています。昨年10月の「第17回全国障害者スポーツ大会『愛顔つなぐえひめ大会』」では、50メートル背泳ぎ・優勝、50メートル自由形・優勝の2冠を達成。2020年東京パラリンピックを目指して日々練習に励んでいます。

特定非営利活動法人eワーク愛媛 新居浜市

代表 理事長 難波江なばえ つとむ さん・会員21人・活動歴14年

 ニート・ひきこもりなど困難を抱える若者の自立支援を中心に、求職弱者を対象とした就労支援事業を行っています。現在、愛媛県の委託事業として松野町・鬼北町を対象とした生活困窮者および、被保護者の就労準備支援を実施しています。

 平成24年11月からは、愛媛県内で初めてフードバンク事業を開始しました。県内外の福祉関連団体や子ども食堂、食品関連企業と連携して、生活困窮者の支援と食品ロス削減などを目的に活動を広げています。平成28年1月には、産直市「来んかい屋」がリニューアルオープンし、移動スーパー事業を開始しました。これに併せ、関連法人と連携して、西条市・新居浜市・四国中央市の商店の無い地区や山間部を中心に、買い物弱者への支援を実施しています。

 その他、愛媛の郷土料理などの食文化を「えひめの食遺産」と名付け、地域から情報発信するなど、地域再生活動を行っています。


ページトップへ