新型コロナ 中学校教職員含め8人感染

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.11.17 18:08

愛媛県内でも感染が拡大している。県は、17日新たに松山市内の中学校の教職員など男女あわせて8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
感染が確認されたのは松山市と東予地域の年代、性別非公表を含む20代から80代の男女あわせて8人。

県によると、このうち松山市の年代と性別非公表の医療関係職員は15日感染が確認された正岡小学校の教職員の家族。

さらに、この教職員と今月6日に会食をした松山市立城西中学校の年代非公表の女性教職員と、この女性の家族の80代男性の感染も確認された。
松山市教育委員会は、城西中学校の全ての生徒と教職員を自宅待機としていて安全が確認されるまで17日から臨時休校としている。

また県警察協会の職員で松山市の60代男性の感染も確認された。男性は、今月14日に発熱などの症状が出ているが、発症前2週間以内に県外在住者2人を含む5人で会食していて、このうち男性を含む4人に症状があるという。

この他、松山市の40代男性会社役員とその家族で同じ会社に勤める40代の女性などの感染が確認されていて、県内の感染者はこれで138人となっている。