感謝の思いを 医療従事者にマダイ贈呈

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.07.31 15:43

新型コロナ対策に取り組む県立南宇和病院の医療従事者に感謝の気持ちを込め、養殖マダイが贈られた。

県立南宇和病院で開かれた贈呈式では、愛南町の清水雅文町長から村上晃司病院長に町内産の養殖マダイを加工した「ぶっかけ鯛丼」の素、およそ600食が贈られた。

この養殖マダイのプレゼントは新型コロナ対策に取り組む医療従事者に感謝の気持ちを伝えると共に販売が大きく落ち込んでいる養殖業者を支援しようと愛南町が企画した。

村上病院長は「こういう住民の応援や支えは本当にスタッフにとっても、大いに励みになる」とお礼の言葉を述べていた。

愛南町では、およそ300万円分の養殖マダイを買い取り町内の老人福祉施設の職員などにもプレゼントするという。