松山市で枝豆の出荷ピーク

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.12 13:41

松山市で、お父さんが大好きな夏の味覚が、出荷のピークを迎えている。

JA松山市管内では今、枝豆の収穫が盛んに行われている。

このうち松前町中川原の小林裕之さん(40)の畑では、小林さんが膨らんだ鞘をたわわにつけた、枝豆の株を1本1本刈り取っていた。

JA松山市によると、今年は花や実がつく5月に気温が高く、雨が少なかったことから生育が遅れたものの、出来は例年並みという。

収穫は、連休でイベントが増える「海の日」までがピークだが、9月中旬まで続き、松山市内のスーパーや関西の市場に出荷されるという。