火災予防を 道後商店街で立ち入り検査

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.11 15:27

先月発生した道後商店街のアーケード内での火災を受け、11日、消防が店舗などの立ち入り検査を行った。

この立ち入り検査は先月、道後商店街のアーケード内の飲食店で火災が発生したことを受け、松山東消防署が実施した。

署員は、商店街のすべての店舗を訪れ消火器の設置状況や避難経路を確認した後、火災予防の資料を配るなど注意を呼び掛けた。

ある商店の担当者は「わが街で火事が起きるということに危機感が増した」「徹底的に注意していきたい」などと話していた。

他にも、はしごや警報機といったアーケード設備の点検や、煙を外に逃がす屋根の開閉動作なども確認していた。

松山東消防署は今後、大街道や銀天街などでも立ち入り検査を実施する予定。