強い甘味 小玉スイカ収穫始まる 愛南町

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.05.16 17:55

強い甘味が特長。小玉スイカの収穫が愛南町で始まった。

愛南町の農業、河野俊さんが栽培しているのは“あい姫Pro”という品種の小玉スイカ。直径およそ20センチ、重さ2キロ前後と普通のスイカより一回り小ぶりで、強い甘味が特長。

河野さんによると今シーズンは、春先に気温差が大きな日が続き、品質の低下が心配されたがハウス内の空気の入れ替えなどをしっかりすることで例年並みに仕上がっているという。

この小玉スイカの収穫は来月上旬まで続き、松山や宇和島などの市場へ1キロあたりおよそ370円で出荷される。