新居浜 山中で行方不明の男性遺体で発見

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.04.16 16:59

新居浜市の山中で14日から行方不明になっていた60歳の男性が16日正午前、遺体で見つかった。川に転落したものとみられている。
遺体で見つかったのは、新居浜市高津町の無職 高瀬昌樹さん(60)。
高瀬さんは14日の午後2時過ぎ「東平歴史資料館から鹿森ダムに向かう遊歩道の途中で道に迷った」などと携帯電話で消防に通報した後、行方が分からなくなっていて16日も県警の山岳救助隊や地元の消防団などが捜索していた。

そして正午前、県の防災ヘリが新居浜市立川町の山中を流れる小女郎川の下流で仰向けに倒れている高瀬さんを発見したが、既に死亡していた。

警察によると死因は脳挫傷、死亡推定時刻は14日の午後3時ごろで、警察は高瀬さんが消防に通報した直後に川に転落したものとみて原因を調べている。