中学卒業までの医療費無償化 6月予算化へ

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.02.12 15:59

松山市は、西日本豪雨の復旧費用など、一般会計の総額が過去最大の1838億円となる来年度の当初予算案を発表した。
中学卒業までの医療費無償化については、6月議会で予算化を図る方針だ。

松山市の来年度当初予算案は、西日本豪雨からの復旧費用などを盛り込んだ一般会計の総額で1838億円と、過去最大になる。

一方で、野志市長が公約に掲げている中学卒業までの医療費無償化については、当初予算案には盛り込まず、6月議会に関連費用を計上する方針を示した。

野志市長は、中学卒業までの医療費無償化について、所得制限や一部負担などのない完全無償化にするとしたうえで、持続可能な制度にするために関係者と協議を進め、できる限り早く実現したいと述べている。