8日間で5件 今年初 交通死亡事故多発緊急事態宣言【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.25 16:08

県内で相次ぐ死亡事故をうけ「交通死亡事故多発緊急事態宣言」が発令された。今年初めての緊急事態宣言。

県内では、17日松山市で自転車に乗って下校中の高校1年の女子生徒が中型トラックにはねられ亡くなるなど、24日までの8日間で、5件の交通死亡事故が発生し、5人が犠牲になった。

この事態をうけ、県や県警などでつくる「交通安全県民総ぐるみ運動県本部」は、26日「交通死亡事故多発緊急事態宣言」を発令した。
来月4日までの10日間、交通事故防止へ向けて、県警は、薄暮時間帯を中心にパトロールなどで警戒を強化するほか、松山市で大規模検問を実施しドライバーに安全運転を呼びかける。

県内では24日までに43人が死亡していて、去年より3人多くなっている。