エリエールレディス 原トップタイ発進 稲見40位古江31位【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.18 17:36

女子プロゴルファーたちの4日間の戦いがスタート。「大王製紙エリエールレディスオープン」が18日開幕した。

さわやかな秋晴れとなったエリエールゴルフクラブ松山には、国内トップの女子プロゴルファーのプレーを一目見ようと、多くのギャラリーが訪れた。

現在賞金ランキングトップで東京オリンピック銀メダリストの稲見萌寧と賞金ランキング2位、ディフェンディングチャンピオンの古江彩佳の賞金女王争いに注目が集まる。

稲見は3バーディー・2ボギーの1アンダーと思うようにスコアを伸ばせず40位タイ。一方の古江は2アンダーの31位タイで初日を終えている。

その稲見と同じ組でまわった原英莉花は、7バーディー、ノーボギーの完璧なゴルフで、初日トップタイで発進。

このほか松山市出身で地元での初優勝を狙う河本結などプロゴルファーたちの熱い戦いに注目が集まる「第40回記念大王製紙
エリエールレディスオープン」。

大会は4日間の日程で行われ、土曜・日曜の決勝ラウンドの模様は、南海放送テレビで放送する。