無病息災願い 伝統行事「お水取り」 新居浜【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.01.07 11:52

7日朝、新居浜市で湧き水を汲んで奉納し無病息災を願う、新年の伝統行事「お水取り」が行われた。

新居浜市若水町の「つづら淵」は、1200年以上前からどんなに日照りが続いても湧き水が絶えたことがないと言い伝えられていて毎年1月7日に住民らが水の恵みに感謝する「お水取り」を行っている。

7日朝は、神事の後、地域の年男・年女が、湧き水を柄杓で汲んで甕に注いでいた。

年女の日浅スミ子さん(96)は「早くコロナが静まってみんなが元気に暮らせるように穏やかな毎日にしたい」

同じく年女で小学6年生の長尾怜央菜さん(12)は「コロナが明けてスポーツとかまだやれてないことをいっぱいやってみたい」と
それぞれ話していた

「つづら淵」の湧き水は、地元の一宮神社に奉納され、参加者たちは、今年1年の幸せを願っていた。