斬新なデザイン 愛光学園の新校舎完成

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.07.19 15:59

松山市の愛光学園の新しい校舎が完成し、お披露目された。

愛光学園の新校舎は、鉄骨造の2階建てで、延べ床面積は約9500㎡。教員棟を中心に、2つの教室棟が8の字になっていて、ガラス張りの開放的な空間にして行き止まりをなくすなど、生徒と教員がコミュニケーションを取りやすいようにデザインしたという。

また、中庭には文化祭などのイベントで使える屋外ステージも設置されている。

新校舎の建設は、来年度の開校70周年に向けたキャンパス整備事業の一環で、中学と高校の生徒約1400人が学び、今後は、体育館やカフェテリアなども建設されるという。

愛光学園の中村道郎校長は、「新しい学び舎に歴史と伝統を受け継いで、勉学に励んでほしい」と話している。