河内晩柑を欧州へ!有名シェフが愛南町訪問【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.05.11 12:56

世界各国の有名レストランで腕を振るってきたフランス人シェフが、特産のかんきつを視察するため愛南町を訪れました。

愛南町を訪れたのは、フランスの三ツ星レストランなどでシェフを務めてきたフレデリック・ジョノーさんです。

ジョノーさんは、愛南特産の河内晩柑の農園で自ら実を収穫し、香りを楽しみながら試食しました。

続いて、河内晩柑の生産者やJA職員などを前に講演を行ったジョノーさんは「河内晩柑には甘み、苦み、酸味、香りと、かんきつの全ての良さがつまっている。フルーツとして生で食べられるほか、スイーツとしての加工品や、料理にも使えるアイデアを私は持っている」などと話しました。

ヨーロッパでは近年、スイーツの食材などどして日本の柚子が注目を集めていて、県は、食味の似たところのある河内晩柑を、この夏フランスなどに送り、テスト販売する予定です。