自転車と車の死亡事故相次ぐ 西条では中学生死亡【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.06.09 11:10

8日夕方から9日未明にかけ県内では、自転車と車による死亡事故が相次いで発生している。

8日午後4時半頃、西条市神拝甲の三差路の交差点で自転車と軽乗用車が衝突した。この事故で自転車に乗っていた西条市大町の中学1年生、三宅裕貴さん(12)が死亡した。

警察は、坂道を下ってきた三宅さんの自転車と坂道に入ろうとした軽乗用車が出合い頭に衝突したとみていて詳しい事故の原因を調べている。

また、9日午前1時過ぎ松山市本町5丁目の交差点で自転車に乗っていた大野裕さん(71)が、右折中の84歳の男性が運転する普通乗用車にはねられ死亡する事故があった。

警察は、普通乗用車の男性が交差点内をよく確認していなかった可能性があるとみて調べている。