四国総合通信局 西岡新局長 デジタル化推進等に抱負【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.05 17:40

四国総合通信局長に就任した西岡邦彦氏が会見し、デジタル化のインフラ整備をスピード感をもって進め課題解決につなげたいなどと抱負を語りました。

6月に、四国総合通信局長に就任した西岡邦彦さんは東京都出身の53歳。東京大学法学部を卒業後、旧・郵政省に入省、内閣官房郵政民営化推進室副室長などを務めました。

西岡局長は、国が進めるデジタル田園都市国家構想に触れ「インフラ整備をスピード感をもって進めることも必要で、快適な安心な街づくりにつながり、四国の成長の原動力になると考えている」などと抱負を語りました。

また、西岡局長はデジタル化に誰一人取り残されない社会を目指し高齢者などに向けたデジタル講習会なども積極的に行っていく方針も示しました。