とべ動物園 キリンの赤ちゃん誕生 あすから一般公開【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.01 17:18

とべ動物園でキリンのメスの赤ちゃんが誕生し、きょう、報道関係者にお披露目されました。

お披露目されたのは、一週間前の月曜日にとべ動物園で、父・リュウキと母・杏子の間に生まれたキリンのメスの赤ちゃんです。現在、体重は推定70キロ、背の高さは約1メートル85センチあり、順調に成長しているということです。

リュウキと杏子の子どもは、一昨年生まれた兄・リュウトに続き、2頭目です。

現在は、多い時は30分から1時間置きに授乳されていますが、最近は葉っぱに興味を示し始めていて、まだ食べはしないものの、もぐもぐする仕草をしているそうです。

そして、横から見るとリーゼントのようにも見えるツノが、今の時期ならではのチャームポイントだということです。

宮越聡キーパーは「お母さんの杏子はとても優しいお母さんなので、そういった一面を見てもらって、親子の絆を感じてもらえれば」と話しています。

赤ちゃんはあす一般公開が始まります。名前は、来園者の投票で「柚子」「ナツメ」「小夏」の3つの候補の中から、8月14日に決定するということです。