大砲綱引きに挑戦 自衛隊駐屯地で成人式【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.01.12 14:56

陸上自衛隊松山駐屯地で成人式が行われ、新成人の隊員たちが自衛隊ならではの恒例行事に挑戦した。

陸上自衛隊松山駐屯地で行われた成人式には、新成人の隊員23人のうち17人が出席した。参加人数を例年の半分にし、隊員同士の間隔をあけるなどの新型コロナ対策をとった中、式典が行われ、服部真之介駐屯地司令が「国民の生命と財産を守る自衛官として仲間と切磋琢磨して更に成長して欲しい」と激励した。

このあと、新成人の隊員は一人ずつ順番に成人としての抱負や今の思いを大きな声で宣言した。ある隊員は「自分の夢であるレンジャーに向けてこの1年、必死で体力錬成したいと思う」と抱負を語っていた。

そして、新成人隊員が挑戦したのはおよそ10トンの大砲を引っ張る、松山駐屯地成人式の名物行事「大砲綱引き」。新成人隊員たちは先輩隊員から拍手の応援を受けながら見事50メートル大砲を引っ張りゴールを切っていた。