1337人新たに感染 60代以下全年代で100人以上 みなし陽性の運用開始【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.07.28 15:32

県は新たに1337人の新型コロナ感染を確認したと発表しました。県は感染回避行動の徹底を呼びかけています。

居住地は、松山市が531人、新居浜市151人、西条市136人今治市125人と4つの市で100人以上の感染となっている一方県内20市町すべてで感染が確認されています。

年代は、10歳未満189人、10代194人、20代190人、30代208人、40代195人、50代142人、60代112人と60代以下の全ての年代で100人以上の感染となっています。
医療機関への入院患者はきのうより11人増えた134人でコロナ病床の使用率は35.6%です。

重症は変わらず1人、自宅療養が942人増えて1万2119人となっています。

県は、感染回避行動の徹底を呼びかけています。

なお、県は感染が急拡大する中、陽性者の同居家族など濃厚接触者で症状のある人は、検査をしていなくても、医師の判断でコロナ患者とみなし対処する「みなし陽性」の運用を、きのうから始めています。