夏の装いに 道後温泉本館伝統の「すだれかけ」【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.06.11 11:17

道後温泉本館で明治時代から続く伝統の“すだれかけ”が行われた。

11日朝、松山市の道後温泉本館では市の職員3人が、天然の葦で出来たすだれを、本館の正面にあたる西側部分に取り付けた。

この“すだれかけ”は、入浴客らに涼を感じてもらおうと、道後温泉本館で明治時代から120年以上続く初夏の風物詩。

本館は、新型コロナの影響で2か月近く臨時休館していたが、今月1日から営業を再開していて、早速、夏の装いとなった本館を写真に収める観光客の姿が見られた。

この道後温泉本館のすだれは、9月末まで設置される。