大雪ピーク過ぎる 交通障害等注意を【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.02.18 16:07

県内は強い冬型の気圧配置が続いていて山地を中心に雪が降っている。気象台は積雪や路面の凍結による交通障害に注意するよう呼びかけている。

南予では雪のピークは過ぎたが、冬型の気圧配置が続くため、断続的に雪が降っている。18日午後3時現在、久万高原町久万20センチ、西予市宇和13センチの積雪を観測している。

18日午後6時から24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で、山地8センチ、平地3センチとなっている。

松山地方気象台は積雪や路面の凍結による交通障害、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理に注意するよう呼びかけている。