「生涯現役村」高齢者・障害者が働き続ける拠点に【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.24 18:18

新居浜市に高齢者や障害者を中心とした地域の人が働き続けることのできる拠点になることを目指す施設が来週オープンします。

新居浜市荷内町に来週オープンする生涯現役村「はま・くる」は、新居浜市の総菜製造販売などを展開するクック・チャムが整備を進める複合施設です。

きょうは、現地で植樹祭が行われました。

来週オープンする食堂を皮切りに、カフェや総菜製造工場、グループホームなどが順次整備される予定です。

高齢者や障害者など地域の人が働き続けることのできる拠点になることを目指すということです。

クック・チャムの藤田敏子社長は、「高齢者や障害者の人たちが一緒に働く姿を見て地域の人たちが元気になってもらえたら」などと話していました。

生涯現役村「はま・くる」の食堂「ばぁばのお昼ごはん」は、今月29日にオープンします。