プラごみ問題を親子で考える えひめビーチクリーンスクール【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.23 16:18

普段の生活から出るプラスチックごみが、どのように海に影響を及ぼすかを学ぶイベントが今治市の海岸で開かれました。

今治市宮窪町で開かれた「えひめビーチクリーンスクールin今治市大島」には、県内の親子およそ30人が参加しました。

はじめに参加者は、海洋プラスチックごみの専門家から、人間が出すゴミが海の生き物に与えている影響などについて教わりました。

そして、海岸を歩きながらプラスチックや流木などのゴミを拾い集めていました。

参加した女の子は「普段からペットボトルやプラごみの削減に繋がることをたくさんしようと思う気持ちが湧いてきました」と話していました。

このイベントは、県環境局循環型社会推進課がプラスチックごみ問題を親子で考えてもらおうと開催しました。