新型コロナ感染拡大の中 校内放送で3学期始業式【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.01.11 11:40

新型コロナの感染が再び拡大する中、県内ほとんどの学校で11日新学期がスタートした。

このうち全校児童335人の松山市の番町小学校では、全校児童が一堂に会しての始業式を取りやめ校内放送による式典が行われた。

式では児童の代表が冬休みの思い出や3学期の目標を発表した。3年生の宮脇陽くんは「3学期に頑張りたいことはマラソン大会。練習として松山城の階段や坂道をダッシュで登ったり降りたりして、体力をつけた」などと元気に報告していた。

尾脇康資校長は「オミクロン株の感染が拡がっているが、手洗いやうがい、マスク着用など感染対策を守り、楽しい学校生活を送りあましょう」と呼びかけた。

県内では10日、今年初めてクラスターの発生が確認されるなど、新型コロナの感染が拡がっていて、県は11日速報値で新たに53人の感染を発表している。