110番通報の初動対応競う 県警通信指令競技会【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.05 11:38

警察官が110番通報を受けた際の初動対応を競う大会が、県警察学校で開かれています。

新型コロナの影響で3年ぶりに開催されている県警の通信指令競技会には、県内16の警察署から48人の警察官が出場しています。

競技は、以前から夫のDVについて相談を受けていた女性から110番通報があったという想定で行われました。

警察官は1チーム3人が、通報を受理する係、現場に指示を出す係そして現場で対応に当たる係に分かれ、12分間でいかに迅速に、的確な初動対応ができるかを競い合います。

県警が、去年1年間に受理した110番通報は7万7800件あまりで、コロナによる社会活動の停滞などもあり、5年前に比べるとおよそ1万1000件減少しているということです。