新たに177人がコロナ感染 クラスター2件【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.06.23 15:40

愛媛県は新たに177人の新型コロナ感染を確認したと発表しました。

前の週の同じ曜日と比べて53人増えていて、前の週を上回るのは5日連続です。

居住地は、松山市が64人、西条市が20人、新居浜市が19人、今治市が17人、大洲市9人、宇和島市と伊予市、四国中央市がそれぞれ8人など。

年代は、30代が33人、10歳未満が32人、40代28人、20代27人、10代が19人と、若い世代の感染が多い傾向に変わりはありません。

新たなクラスターは2件です。松山市の医療機関と、松前町の学校でそれぞれ1件確認されました。

医療機関への入院患者は、6人増えて39人。重症は変わらず1人。自宅療養等が34人増えて1175人となっています。

県は、感染回避行動を継続するよう呼びかけています。