県内4地点で猛暑日 熱中症に警戒を【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.01 16:22

きょうの県内は高気圧に覆われて、強い日差しが照り付け、各地で気温が上昇しました。午後3時までに四国中央市など4地点が猛暑日となっています。気象台は熱中症対策に努めるよう呼びかけています。

松山市は午前9時までに最高気温が30℃を超え、松山市、大街道のスクランブル交差点では、日傘をさしたり、飲み物を手にしたりと、暑さ対策をする人の姿が多く見られました。

各地の午後3時までの最高気温は、四国中央36.2℃、大洲35.4℃、新居浜35.1℃、宇和島35.0℃と、4地点が猛暑日です。このほか、宇和34.8℃、松山34.0℃など、各地で厳しい暑さとなりました。

気象庁などでは、熱中症の危険性が極めて高いとして、県内に熱中症警戒アラートを出し、警戒を呼び掛けています。

日中はなるべく外出を避け、水分補給を行うとともに、室内では冷房を使用し、熱中症への対策を心掛けてください。

なお、あすの愛媛県も高気圧に覆われて、強い日差しが照り付けて、厳しい暑さの一日となりそうです。予想最高気温は松山36℃、宇和島35℃、新居浜34℃となっています。引き続き熱中症への警戒が必要です。