新たに10人感染 松山音楽イベントでクラスター 感染警戒期継続【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.10.12 15:38

県は新たに10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。松山市での音楽イベントで新たなクラスターが確認されている。県は引き続き感染回避行動の徹底を呼びかけている。

新たに感染が確認されたのは、既存事例に関連する6人と新規事例4人。感染者が10人以上となるのは5日連続。

居住地は新居浜市が新規事例2人を含む4人、松山市3人、四国中央市2人、西条市1人。

松山市で10月上旬に開催された音楽イベントの参加者2人の感染が確認され、累計の感染者が7人となったためクラスターと確認された。40人程度の参加者は全員把握されているという。クラスターの確認は18日ぶり。

松山市での新たなクラスターや感染状況の改善が見られない新居浜市の状況をふまえ中村知事は、県独自の警戒レベル「感染警戒期」は当面継続するとした上で、県民に対し感染回避行動の継続徹底などを呼びかけた。

新居浜市については不要不急の外出自粛や4人以下概ね2時間以内といった会食のルール徹底などを引き続き呼びかけている。

12日の午前9時現在、医療機関への入院患者は前日より10人減った28人、重症者は変わらず1人。