18日にかけ大雪のおそれ 久万積雪10センチ【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.02.17 16:54

愛媛県では、18日夕方にかけて、山地を中心に平地でも大雪となる所がある見込み。気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害などに注意や警戒をするよう呼びかけている。

四国地方の上空およそ1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んでおり、18日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込み。
このため、愛媛県では18日夕方にかけて、山地を中心に大雪となり、南予では平地でも大雪となる所がある見込み。雪が同じ場所で降り続いた場合には、警報級の大雪となる可能性がある。

久万高原町久万では17日午後3時の時点で積雪が10センチとなっている。
17日午後6時から18日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、山地30センチ、平地15センチとなっている。
松山地方気象台は積雪や路面の凍結による交通障害などに注意や警戒すると共に着雪による倒木や電線などの断線、農作物や農業施設の管理に注意するよう呼びかけている。