横断中の高齢女性はねられ死亡 新居浜【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.02.17 11:46

16日夜、新居浜市の県道で道路を横断していた高齢女性が乗用車にはねられ死亡した。

16日午後6時40分頃、新居浜市東雲町の県道で道路を歩いて横断していた近くに住む会社役員 小野幸恵さん(84)が普通乗用車にはねられた。

小野さんは頭などを強く打ち市内の病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。現場は片側二車線の見通しの良い直線道路で信号機や横断歩道はなく、警察は、普通乗用車を運転していた新居浜市の会社員の男性から話を聞くなどして事故の原因を調べている。
県警によると、愛媛県内では去年、16人が道路を歩いて横断中に車にはねられ死亡していて、この内9人は、横断歩道のない場所を渡っていたという。