伊方原発3号機 12月2日再稼働へ 1年11か月ぶり【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.22 14:10

四国電力は、伊方原発3号機を来月2日に再稼働すると発表した。
スケジュール通りに行けばおよそ1年11か月ぶりの運転となる。

四国電力は22日会見を開き、伊方原発3号機について来月2日に原子炉を起動し6日に送電を開始すると発表した。

伊方原発3号機は定期検査のため2019年12月26日に運転を停止。その後、広島高裁が運転を差し止める仮処分決定を出したことやテロ対策施設の完成が遅れたことなどにより運転停止が続いていた。

また、今年7月には宿直社員の無断外出問題が発覚し、さらに再稼働が延期されていたが、今月19日、中村知事が再稼働を了承したため22日のの発表となった。

会見で四国電力の古泉好基原子力本部付部長は「引き続き安全確保最優先に今後の作業に万全を期していく」と語った。

スケジュール通りに行けば伊方原発3号機はおよそ1年11か月ぶりの運転となる