県民との生の対話を県政に反映 知事トーク【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.18 14:53

様々な分野で働く県民と対話し、行政運営に役立てようと、知事との意見交換会が砥部町で行われた。

「知事とみんなの愛顔でトーク」には、中予地区の6つの市と町から介護や林業などの分野で働く8人が参加した。

この意見交換会は、県民が感じている課題や意見を知事が直接聞き県の政策や行政運営に役立てようと、毎年各地で行われている。

18日は、スロバキア出身で20年以上砥部町に住む男性から、「景色を楽しめるよう障子山を整備して欲しい」などの意見が出ていた。

これに対し中村知事は「砥部町の街づくりの中で、障子山をどういう風に活用するのかという計画が出来れば、県がお手伝いできるのでは」などと答えていた。

「知事とみんなの愛顔でトーク」は今年度、東予地区でも行われる
予定。