海事産業の魅力PR “フネージョ”が座談会 今治【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.09.15 17:35

女性の割合が低い海事産業の魅力をPRしようと“フネージョ”による座談会が今治市で開かれた。

「輝け!フネージョinいまばり」には今治造船や船舶機器メーカーのBEMACなど6社から船の設計や営業などを担当している女性社員が参加し、座談会が行われた。

そして、仕事のやりがいや職場の雰囲気などをPRしていた。今治造船営業チームの二宮由紀さんは「出航の瞬間の感動はひとしおでそれに立ち会った時に造船業に携わってよかったなと思った」と語っていた。

この座談会は海事産業の魅力を知ってもらい女性や若者の人材確保に繋げようと国土交通省が東京や北海道などで開催していて四国では初めて。

山中造船設計部の駄場千夏さんは「設計士の女性はまだまだ少ないので仲間がたくさん増えてくれれば」と話していた。

座談会の様子は10月9日に開催されるバリシップ2021オンラインで配信される。