倉庫に放火 消防団員の男逮捕 4件の不審火にも関与か 今治【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.17 15:23

警察は17日、今治市内の倉庫に火をつけたとして消防団員の男を放火の疑いで逮捕した。男は今治市で相次いでいる不審火についても犯行をほのめかしているという。

非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、今治市旦のトラック運転手で消防団員の德永友希容疑者(25)。

警察によると德永容疑者は17日午前2時過ぎ、今治市旦の鉄骨・木造平屋建て倉庫に火をつけ、外壁を燃やした疑いがもたれている。

今治市では、先月28日、、木造2階建ての資材置き場が全焼する火事が発生するなど半径1.5キロ圏内の火の気がない場所で5日間の内に4件の不審火が発生している。

このため警察は連続放火事件として捜査していた所、17日、付近を警戒中の警察官が火災を発見、德永容疑者が火をつけた疑いが強まったとして逮捕した。

今治市消防本部によると德永容疑者は今年4月に消防団に入団していた。
警察の調べに対し、德永容疑者は他の4件の不審火についても犯行をほのめかす供述をしているという。