警察官としての一歩 警察学校で入校式【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.04.06 14:04

愛媛県警察学校で、6日入校式が行われ、103人が警察官としての一歩を踏み出した。

松前町の愛媛県警察学校で開かれた入校式には、18歳から30歳までの新人警察官103人が出席した。

はじめに、入校生を代表して荒井瞭巡査が篠原英樹本部長から辞令書を受け取った後、「公平中正に警察職務の遂行に当ることを固く誓う」と宣誓した。

続いて、篠崎富和学校長が「警察職員としての誇りと使命感を持って、様々な教養、訓練に全力を尽くしてほしい」と式辞を述べた。

入校した新人警察官は、半年から10か月に渡って、寮生活を送りながら法律などの基礎知識を学ぶ他、集団での規律を養う訓練に臨む。