子育て支援 国の給付対象外世帯へ独自給付 松山市【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.01.06 14:29

松山市が、新型コロナ対策として、一般会計で93億円余りに上る補正予算案を発表した。国の、子育て世帯への10万円給付に関連して、所得制限や離婚などで対象とならなかった世帯へ、市独自に同額を給付するための費用として約6億2500万円を計上する。

給付対象は約3600世帯で、このような独自の給付は県内の自治体では初めてとなるという。

野志市長は会見で「全ての子育て世帯が大変な思いで子育てをしているので、所得制限によらず支援するのが適切だと考えた」と独自給付の理由を述べた。

また野志市長はコロナワクチンの3回目接種について、65歳以上の一般の高齢者には今月中旬から接種券を送付し、2月上旬に接種を開始すると発表した。