映画「身近き、短き、家族かな」完成試写会【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.05.13 12:40

原作やキャスト、それにロケ地などほとんどすべてが“メイドイン愛媛”の映画の完成試写会が昨夜、東温市で開かれました。

映画「身近き、短き、家族かな」の完成試写会では、監督、脚本、編集を務める砥部町出身の岩城一平さんや、原作者で主演の桝形浩人さんが舞台挨拶に立ちました。

この映画は全てが愛媛県内で撮影され、一部を除いて愛媛県にゆかりのある人が出演、制作しています。

テーマは「家族の距離と時間」。中高年の福祉や孤独など、今後の日本のあり方についても問う作品となっています。

映画「身近き、短き、家族かな」は来月3日から、シネマサンシャイン重信で公開される予定です。