松山市飲食店時短 協力金申請も受付開始【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.01.13 15:36

新型コロナ感染拡大に伴う県の営業時間短縮要請に協力する飲食店に対する協力金の申請の受け付けが、13日始まった。

このうち、松山市の銀天街商店街に設置された申請窓口には、午前11時の受付け開始と共に多くの飲食店経営者が申請や相談のために訪れていた。
協力金の申請には、時短営業や休業の実施状況が確認できる書類などが必要で、松山市が審査を行った後、最短で1週間ほどで給付される見通し。

寿司屋の経営者からは「ネタをたくさん仕入れる必要もあるので、休業を選んだ」といった声が聞かれた他、ある居酒屋の関係者は「固定費ぐらいにしかならないが、協力金を給付して頂くだけでもありがたい」などと話していた。

協力金の申請は、3月15日までとなっていて、銀天街の「きらりん」と松山市役所に窓口を設け、郵送でも受け付けている。