愛南町 「南レク」サンパール観光が破産手続き【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.05.09 15:49

半世紀に渡り、「南レク」でホテルを運営してきた「サンパール観光」が破産手続です。ホテルはすでに、3月末をもって営業を停止しています。

東京商工リサーチによりますと「サンパール観光」は1971年設立、南予南部の総合レクリエーション開発事業、「南レク」の一環として、愛南町でホテルやレジャー施設を経営してきました。

ピーク時の1993年3月期には、4億3000万円の売上がありましたが、その後は客足は伸び悩み、2008年以降は赤字が続いていました。

そんな中、新型コロナの影響でコロナ前と比べ売り上げは半減、さらに建物の耐震問題も浮上し、ホテルは、今年3月末に営業を終了していました。

親会社「南レク」の片岡正雄社長は「地域の皆さんの惜しむ声もたくさん頂いたが、経営を続けることができず非常に残念。跡地が有効活用できるよう努めていく」としています。

東京商工リサーチによりますと、2021年3月期時点での負債総額は、2億7000万円ほどに上るということです。