12日明け方まで山地は雪 JRに影響

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.01.12 11:20

愛媛県内は、低気圧や寒気の影響で山地を中心に12日明け方まで雪となった。この雪で、交通機関にも影響が出ている。

県内は、四国の南を進む低気圧と気温の低い状態が続く影響で、山地を中心に雪が降った。午前9時現在の積雪量は、久万高原町久万で13センチ、西予市宇和で7センチとなっている。

この雪の影響で、JR予讃線の複数箇所で倒木などが発生、午前7時50分から伊予市駅ー宇和島駅間の上下線で列車の運転を見合わせた。その後、徐々に運転が再開され午前11時半現在伊予市駅~伊予大洲駅間の山回りで運転を見合わせている。

松山地方気象台によると、県内の雪の峠は越えたが、積雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼びかけている。